BLOGブログ
カテゴリー:
Wedding情報, お料理
2022.08.09
フランスの伝統的なデザートとは!?

こんにちは。パティシエの外山です。

いつも浜名湖オーベルジュキャトルセゾンのウェディングブログをご覧いただき
誠にありがとうございます!

今日もキャトルセゾンは、快晴×絶景の浜名湖を眺めながら
たくさんのお客様がお食事を楽しんでいらっしゃいます♪

なんと、湖西市の気温は現在33度・・・暑いですね・・・!!

こんな日には冷たいアイスを使ったデザートが食べたい方も多いはず!
ということで、今日はデザートのお話です!!

フランスの伝統的デザート「クレープ・シュゼット」はご存じでしょうか??

「クレープシュゼット」とは、
クレープをオレンジのソースで熱々に煮込んで、仕上げに冷たいバニラのアイスを添えて食べる、
とてもシンプルなデザートです!!

歴史はとても古く、諸説ありますが、『クレープ・シュゼット』の誕生は、
後にイギリスの国王となられたエドワード7世が皇太子時代の19世紀のことです。


エドワード皇太子がモナコのモンテカルロを訪れた際、カフェに行かれました。
そのとき、お連れの女性のために料理人のアンリ・シャルパンティエさんがデザートを作られました。

その女性の方はフランスの方だったので、
クレープにフランスのブランデー『コニャック』を加えてフランベしました。


青い炎のデザートに驚かれ、感動したエドワード皇太子は、
“この料理は何という名前ですか?”と聞かれました。


シャルパンティエさんが“皇太子殿下のために作ったクレープです”と答えると、
エドワード皇太子はお連れの女性の名前“『シュゼット』を付けてはどうか?”と提案されました。


これがキッカケで『クレープ・シュゼット』が生まれたと言われています!!

そんな、フランスの伝統的デザートが、なんと、ここ湖西市横山でも食べられるんです!!

こちらのデザートは、クレープを煮込み、オレンジの皮をむき、グランマルニエというお酒でフランベし、
自家製のバニラアイスを乗せる、一連の作業をお席の目の前で行わせて頂ききます。

なので、目でも舌でも両方楽しむことができます!!
作っている時のオレンジの香りもさわやかでたまりません、、、!!

また、お客様との会話を楽しみつつ、オレンジの皮が切れないように
必死でむいているサーヴィスの様子もお楽しみいただけるかとおもいます。笑

ちなみに・・・ご結婚式のデザートとしてご用意することもできます♪
新郎新婦様がゲストの皆様で仕上げるのもとってもおすすめです^^

是非、浜名湖オーベルジュキャトルセゾンへ、クレープシュゼットを食べにいらしてください!

 


ブライダルフェアでは様々なアイテムやコーディネートをご紹介いたします!
時期未定の方も歓迎です!お気軽にフェアにご参加ください。

     \ブライダルフェアのご予約はこちら♪/

 

先輩カップル様のオシャレなアイテムやコーディネートは
パーティレポートでもチェックいただけます!

        \パーティレポートはこちら/

公式Instagramでも最新トレンドを沢山ご紹介しております!
お気軽にフォローしてくださいね♪

         \Instagramはこちら/


感染症対策を徹底し、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

【新型コロナウイルス対策】

最新の換気設備を完備/館内各フロアにアルコール除菌を設置/スタッフはマスク着用での応対/

各施設のアルコール消毒を適宜実施/換気やソーシャルディスタンス

安心してご来店いただけるよう、感染症対策を徹底しております。

【随時予約受付中】

・ブライダルフェアはこちら

・ブライダルのInstagramも日々更新しております

・レストランはこちら

・レストランのInstagramも日々更新しております

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。
BRIDAL FAIRおすすめのブライダルフェア