BLOGブログ
2022.05.24
アフターブーケで、結婚式の想い出を形に

 

皆様こんにちは!
いつも浜名湖オーベルジュキャトルセゾンの
ウェディングブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ウェディングプランナーの佐野です!

 

5月も下旬に入り、キャトルセゾンではエントランスにある木々からさす
日の光が気持ちよく感じます🌲

 

突然ですが…
皆さん、”アフターブーケ”ってご存じですか?

 

アフターブーケとは、結婚式で使用したブーケを加工して、
長期間保存できるようにしたものです。
素敵な思い出が詰まったブーケも、生花のままではすぐに枯れてしまいますが
アフターブーケにすると思い出を長く残せるので花嫁から人気なんです!

 

 

更に、その中でも加工方法にも種類があり
ブーケそのままの形を額縁やボックスに再現したものや、
新郎のブートニアや結婚証明書などを一緒に保存できるタイプなど、種類が豊富なんです!

 

というわけで、本日は知って得する!”✍
”アフターブーケ”の加工方法についてご紹介させて頂きます⚘

 

📌押し花

押し花加工はアート作品のような仕上がりと、壁などにも掛けられるコンパクトさが人気です!

 


参照 BLOOM

当日のブーケを忠実に再現することもできますが
ボタニカルアートのように、ブーケとはまったく別の形に並べることも可能なんです!

 

📌プリザーブドフラワー

生花の水分を抜いてから、専用の溶液を吸わせて乾燥させる方法。
実際の生花に近いやわらかな風合いが残り、ブーケの形をそのまま保存できるのが特徴的です*


参照 kuriko

湿度の高い日本ではプリザーブドフラワーは劣化しやすいため、
退色スピードが早まる日当たりの良い場所や、花びらが半透明になる湿気の多い場所に飾るのは×!

📌フラワードーム

インテリアとして大人気のこちらは、ドライフラワーに加工にしていきます。


参照 SARAH GAUDI(サラ・ガウディ)

小さなサイズ感も、また素敵ですね*

 

そして私のオススメは…

📌ボタニカルキャンドル

お花が入った外側の層は溶けずに残る二重構造で形成され、
炎の位置が下がるほどに内側から美しく照らします。


参照 Lani candle

うっとりするような、心あたたまる灯りを楽しむことができます。

 

 

まだまだ紹介しきれないほど、たくさんの方法がございます!
是非皆様も大切なブーケを色あせない思い出の形にしてみるのはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 


ブライダルフェアでは様々なアイテムやコーディネートをご紹介いたします!
時期未定の方も歓迎です!お気軽にフェアにご参加ください。

     \ブライダルフェアのご予約はこちら♪/

 

先輩カップル様のオシャレなアイテムやコーディネートは
パーティレポートでもチェックいただけます!

        \パーティレポートはこちら/

公式Instagramでも最新トレンドを沢山ご紹介しております!
お気軽にフォローしてくださいね♪

         \Instagramはこちら/


感染症対策を徹底し、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

【新型コロナウイルス対策】

最新の換気設備を完備/館内各フロアにアルコール除菌を設置/スタッフはマスク着用での応対/

各施設のアルコール消毒を適宜実施/換気やソーシャルディスタンス

安心してご来店いただけるよう、感染症対策を徹底しております。

【随時予約受付中】

・ブライダルフェアはこちら

・ブライダルのInstagramも日々更新しております

・レストランはこちら

・レストランのInstagramも日々更新しております

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。
BRIDAL FAIRおすすめのブライダルフェア