NEWS LETTERSニュースレター
ITEM
2021.01.19
ウェディングケーキ入刀の意味

ウェディングケーキにナイフを入れる

”ケーキ入刀”のシーンは、

披露宴のメインイベントとして

昔から定番である演出。

そんなウェディングケーキ入刀の由来。

意外と知らない方も多いかもしれません。

 

諸説あると言われていますが・・・

1つはギリシャ神話の中から。

ある若い男女が1つのパンをふたりで分け合って食べ

永遠の愛を誓ったという言い伝えが

もとになっていると言われています。

 

もう1つはアメリカに伝わるお話。

花嫁の母親がケーキを作り、花嫁がそのケーキをカットして

ゲストへ配る役目だったそうですが

当時のシュガーケーキをカットするのはとても大変・・・

そこで新郎がナイフをもつ花嫁の手にそっと手を重ね

一緒にケーキカットをしたことが始まりだと言われています。

最近では趣向を凝らしたデザインも多く

それぞれの個性を演出するアイテムとしての

役割が大きくなっているウエディングケーキ。

キャトルセゾンでは

オリジナルウェディングケーキを

生ケーキでご用意しています。

 

ケーキ入刀後は幸せのお裾分けとして

ゲストに振る舞うことができるのも

生ケーキの魅力のひとつです。

苺などのフルーツを贅沢にのせたものや

季節感をとりいれたものまで・・・

ケーキが登場するシーンは

シャッターチャンスになることも多いので

トレンドを押さえつつこだわりをたくさん詰め込んだ

おしゃれなウエディングケーキを用意したいですね。

 

専属パティシエと一緒に

世界に1つだけのオリジナルウェディングケーキを

考えてみてはいかがでしょうか。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。